お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2021.3.15

デザイン豊富な抗ウイルス・抗菌化粧シート 非住宅・リフォーム向けにも展開

凸版印刷

凸版印刷は2020年12月、住宅内装向け建具・収納扉・造作材用化粧シート「101 ECO SHEET」と、床用化粧シート「101 REPREA®(レプリア)」のラインアップを拡充し、「抗ウイルス・抗菌仕様」の販売を開始した。

同社は2020年9月に、国内初となる抗ウイルス・抗菌 両方の性能を併せ持つオレフィン製化粧シートを開発。101 ECO SHEETと、101 REPREA®の抗ウイルス・抗菌仕様の表面には、抗ウイルス、抗菌の性能を併せ持つ特殊コーティングを施した。第3者の試験機関で実施した抗ウイルス・抗菌試験において、特定のウイルス・細菌を24時間で99.9%以上減少(※1.2)させ無害化することを確認。SIAA((一社)抗菌製品技術協議会)から抗ウイルス加工、抗菌加工の認証も取得している。

豊富なデザインも特長の一つだ。同社は、生活空間への幅広いデザインマーケティングから、新たな潮流を見出すデザインシンクタンクを持ち、建装材のデザイン開発に注力する。次世代のデザイントレンドを把握し、新商品開発、情報発信を行っている。こうした長年のデザインリサーチに基づき、101 ECO SHEET、101 REPREA®にも、それぞれ125点、39点の厳選した色柄をラインアップしている。そのうち、今回発売を開始した101 ECO SHEETと101 REPREA®の抗ウイルス・抗菌仕様には、それぞれ18点、33点の色柄を用意し受注生産で対応する。

また、無機の銀系抗ウイルス・抗菌剤を採用した特殊コーティングを施すことで、従来品と同等の色柄、質感を維持しつつ抗ウイルス・抗菌性能を持たせることに成功。人体に害がなく、安全で安心して使用でき、長期間に渡り抗ウイルス・抗菌性能を維持し続ける。新型コロナウイルスの感染拡大により、衛生意識の高まりから、生活空間において抗ウイルス・抗菌製品を求める声が多くなっている。大和ハウス工業は大阪府茨木市でSIAAの認証を受けた建材や非接触キーなどを採用した「抗ウイルス・抗菌マンション」として、分譲マンション「プレミスト茨木双葉町」の建設を進めている。ここには凸版印刷が開発した抗ウイルス、抗菌の性能を併せ持つ化粧シートが、建具や床の表面材として採用されている。「ニューノーマルの時代に求められるシンボリックなマンションとして注目を集め、他のデベロッパー各社からの問い合わせも増えている」(凸版印刷 生活・産業事業本部 環境デザイン事業部 マーケティング戦略本部 塚原史雄本部長)。

「101 ECO SHEET」「101REPREA®」の施工イメージ。抗ウイルス、抗菌の両方の性能を併せ持つ「抗ウイルス・抗菌仕様」にも受注生産で対応する
抗ウイルス・抗菌仕様の内装重歩行床用シート「101 REPREA Smart NANO AREZA®」を採用したホテル客室の施工イメージ

SIAAから抗ウイルス加工、抗菌加工の認証も取得した

非住宅向けの空間演出事業も強化

非住宅向けの建装材にも、SIAA認証を取得した抗ウイルス・抗菌仕様を追加した。同社が開発した世界初の「Smart NANO®(スマートナノ)」技術で、優れた表面硬度と耐摩耗性を持たせた内装重歩行床用シート「101 REPREA Smart NANO AREZA®(アレーザ)」や、内装用不燃化粧パネル「101 ECO SHEET LOVAL®(ローバル)」といった建装材に抗ウイルス・抗菌仕様を追加。「当社は、デザイン性と機能性に優れた建装材を活用して、さまざまな空間の企画・設計・施工までワンストップでサポートする空間演出ブランド「expaceTM」事業も展開している。不特定多数の人が集まる、オフィス、商業施設、宿泊施設などでのウイルス対策への関心が高まってきている。SIAA認証を取得した建装材を使用することで、床・壁を衛生的に保ち安全・安心な空間を創出できる」。

さらに、抗ウイルス・抗菌性能を付与した透明なシートも開発しリフォーム需要の開拓も狙う。同社は、今後もさまざまな社会課題解決に向けた機能性建材の開発を推進し、キーコンセプトである「あしたをここちよい空間(セカイ)へ」の実現を目指す。

※1.試験機関:一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター
試験結果報告書番号:20KB061031 試験ウイルス:ウイルスA(エンベロープ型)
※2.試験機関:一般財団法人 ニッセンケン品質評価センター
試験結果報告書番号:DTK20-JN00117


【お問い合わせ】

凸版印刷
03-3835-6820
https://forest.toppan.co.jp/


安心の新たな価値 抗ウイルスで差をつけろ


朝日ウッドテック
永大産業
大建工業
大日本印刷
凸版印刷
ノダ

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事

建装材に磨きをかけ、空間演出、まちづくりも

グループの総合力生かしソリューション提案を強化