【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

建装材に磨きをかけ、空間演出、まちづくりも

グループの総合力生かしソリューション提案を強化

凸版印刷は、機能性、デザイン性に優れた化粧シートなどの建装材の開発を推進し、キーコンセプトである「あしたを、ここちよい空間(セカイ)へ」の実現を目指す。同社の常務執行役員 環境デザイン事業部の山中紀夫事業部長は「建装材に磨きをかけることはもちろん、トッパングループの総合力を生かして、空間演出、さらにはまちづくりにも事業領域を拡大してソリューション提案を強化し、さまざまな社会課題の解決に貢献していき…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事