エコハウスで社会の変化を乗り越える

建築家の竹内昌義氏がエコハウスを様々な観点から語る

住まい百景

新しい住まいや暮らしの姿をtoolboxのアイテムを使った空間事例を通して紹介

国産材を活かす

林業は成長産業になれるか

田舎再生の現場から

食環境ジャーナリストの金丸弘美氏が、先進的な取り組みで 地域活性化の兆しが芽生える現場をレポート

落ち穂ひろい

日頃から書きなぐっていた取材ノートや備忘メモに埋もれていた諸々を拾い、不定期で自由気ままに綴ってみようと思います。落ちこぼれた種から何か芽が出てくるかな——。

近年の住宅部品の実態を観る

住生活の現状を、様々な住宅部品の視点から考えたい。そして、近い将来の住宅及び住宅部品等住宅産業について考えを深めたい。

落ち穂ひろい |  2020.2.27

東京2020オリ・パラ成功のカギはパラリンピックが握る 

障がい者スポーツの記事がようやくスポーツ面に、の社会変化

国産材を活かす |  2020.2.27

公共建築に地域材を使う 

さまざまな工夫で課題に対応

浜辺の資源生かし花を植え、宿泊、結婚式場、食事処 

農家と連携して徹底的な地産地消 観光客は30万人に

落ち穂ひろい |  2020.2.14

不動産業界の頭を悩ませる事故物件の扱い。孤独死も増えて。 

重要事項説明をどこまで、いつまでーーー。国交省も検討始める

落ち穂ひろい |  2020.1.31

時代に遅れを取るGDP、求められる新経済指標 

デジタル化で上がる生活満足度 GDPの3割を生み出す 野村総研が調査、提言

落ち穂ひろい |  2020.1.15

女性館長、片岡真実氏の就任で森美術館が目指す世界での立ち位置 

日本現代アートの発信力に大きな期待 国際的ネットワークが武器