カラーセラピスト資格認定講座  

いつ: 2018年9月12日 @ 10:00 AM – 6:00 PM
どこで: [東京]カラリストスクール・ワムI.C.I原宿校、[大阪]エル大阪

カラーセラピスト資格認定講座を開講する。カラーセラピーの目的と効果、セラピストとしての姿勢などを教える。 講座は東京と大阪の2カ所で行う。東京講座は毎週水曜日の3回に渡って行う水曜コースと、週末の連続した3日間で行う週末集中コースの2種類、大阪は週末集中コースの1種類を用意している。講師は色彩福祉士でカラーセラピストの野川明美氏や中村裕美子氏が務める。 開講日:[東京]水曜コース:9月12日・19日・26日、週末集中コース:9月22日(土)・23日(日)・24日(月・祝)10:00~18:00、[大阪]週末集中コース:10月6日(土)・7日(日)・8日(月・祝)10:00~18:00 会場:[東京]カラリストスクール・ワムI.C.I原宿校、[大阪]エル大阪 受講料:8万1648円(教材費、税込) 定員:12名 問い合わせ:03-3406-9181

2040年の東京のエネルギー戦略を提案「『持続可能な東京2040』プロジェクト・プレゼンテーションセッション」  

いつ: 2018年9月5日 @ 3:30 PM – 7:30 PM
どこで: 駐日スウェーデン大使館

KTHスウェーデン王立工科大学 エネルギーマネジメント学科と共同で、「『持続可能な東京2040』プロジェクト・プレゼンテーションセッション」を開催する。 これは、KTHスウェーデン王立工科大学 エネルギーマネジメント学科の学生が2040年までにどのようにして東京を持続可能なエネルギー社会へと発展させていくかを考え、提案するもの。20グループのうち当日は港区と中野区について検討した2グループが発表を行う。 日時:9月5日(水)15:30~19:30(開場15:00) 会場:駐日スウェーデン大使館 応募締切:8月27日(月) 問い合わせ:03-5414-8757

TSUYOSHI TANE: Archaeology of the Future 田根 剛 未来の記憶 Search&Research  

いつ: 2018年10月18日 – 2018年12月23日 全日
どこで: TOTOギャラリー・間

東京オペラシティ アートギャラリーとの連携企画として建築家の田根剛氏の個展「TSUYOSHI TANE:Archaeology of the Future 田根 剛 未来の記憶 Search&Research」を開催する。 この個展は両ギャラリーが「Archaeology of the Future-未来の記憶」を共通のテーマに掲げて田根氏の作品を同時に展示するというもの。2つの会場で田根氏のこれまでの活動を紹介する。 会場では、田根氏の代表作である「エストニア国立博物館」や最新のプロジェクトを大型の模型や映像などによって展示する。 会期:10月18日(木)~12月23日(日・祝)11:00~18:00、月曜・祝日は休館、ただし11月3日(土)と12月23日(日・祝)は開館 会場:TOTOギャラリー・間 入場料:無料 問い合わせ:03-3402-1010

建築ドローン安全教育講習会  

いつ: 2018年9月14日 @ 9:30 AM – 5:00 PM
どこで: 情報オアシス神田セミナーハウス

建築物の施工管理や点検調査へのドローンの利用が期待される中で、安全な活用を進めるために「建築ドローン安全教育講習会」を開催する。 講習会は、同協会がドローンの活用に関わる基礎知識やドローン技術などについてまとめた「建築物へのドローン活用のための安全マニュアル」を教材として行うもの。 当日は国土交通省航空局が定めるドローンの飛行ルールや、ドローンを活用した建築物の施工管理方法などについて解説する。 建築物の施工管理や点検調査などにおいてドローンの活用と安全管理に携わる人が対象。講習会を修了した受講生には「建築ドローン安全教育受講修了証」を発行する。 日時:9月14日(金)9:30~17:00(受付開始9:00) 会場:情報オアシス神田セミナーハウス 受講料:[(一社)日本建築ドローン協会会員]2万円(税込)、[非会員]4万円(税込) 定員:50名(先着順) 申込締切:8月31日(金) 問い合わせ:03-6260-8655

住宅提案のノウハウを解説「建築×ITイノベーションコラボセミナー」  

いつ: 2018年9月4日 @ 1:30 PM – 6:00 PM
どこで: [広島・大阪・札幌]順次WEBにて掲載、[名古屋]安心計画名古屋支店(名古屋市中区)、[東京]天王洲郵船ビル14階、[福岡]安心計画本社研修センター7階(福岡市博多区)

ビルダーや工務店などを対象に、収納とインテリアとITを融合させた住宅提案のノウハウを教えるセミナー「建築×ITイノベーションコラボセミナー」を開催する。 セミナーでは、女性目線にたった収納設計について収納計画代表取締役の平岡さなえ氏が解説する。また、85の大谷泉氏が「プロが厳選する!本物のインテリアから始まる家づくりとは?」をテーマに講演を行う。 日時:[広島]9月4日(火)、[大阪]9月6日(木)、[名古屋]9月11日(火)、[東京]9月20日(木)、[福岡]10月3日(水)、[札幌]10月23日(火)各回とも13:30~18:00(受付開始13:00) 会場:[広島・大阪・札幌]順次WEBにて掲載、[名古屋]安心計画名古屋支店(名古屋市中区)、[東京]天王洲郵船ビル14階、[福岡]安心計画本社研修センター7階(福岡市博多区) 参加費:無料 問い合わせ:[収納計画]03-3718-1896、[安心計画] http://anshin.co.jp/contact/

賃貸不動産経営管理士試験に向けWEB講座の受講者を募集  

いつ: 2018年8月29日 全日

11月18日(日)に行われる賃貸不動産経営管理士全国統一試験に向け、WEB講座を開設、受講者の募集を開始した。 賃貸不動産管理士は、主に賃貸アパートやマンションなど賃貸住宅の管理に関する知識や技能、倫理観を持った専門家。平成28年9月の賃貸住宅管理業者登録制度の一部改正を機に、同資格の受験者数は年々増加しておりニーズが高まりつつあることから、WEB講座を開設する。 講座はガイダンスを含め全部で11回、計23時間。受講者はスマートフォンやタブレットなどを使い、好きな場所で授業を受けることができる。 開講日:8月29日(水) 受講料:7万8000円(税別)、8月28日までの受講申し込みで5万円(税別) 問い合わせ:03-3340-3082

建設・測量業界の最新技術や サービスなどを紹介する展示会「建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO)」  

いつ: 2018年8月28日 @ 10:00 AM – 5:00 PM
どこで: 幕張メッセ 展示ホール1・2、屋外展示場

建設・測量業界の最新かつ最先端の機械や設備、技術、サービスなどを紹介する「建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO)」を初開催する。 会場では国内外約200社の出展に加えて、国土交通省大臣官房技術調査課による「i-Constructionの推進について 建設現場の生産性向上」をテーマにしたセミナーなども行う予定。当日の来場者数は3万人を見込んでいる。 日時:8月28日(火)~30日(木)10:00~17:00(最終日は16:00まで) 会場:幕張メッセ 展示ホール1・2、屋外展示場 入場料:3000円(税込、招待券の持参や事前来場登録を行えば無料) 問い合わせ:03-3237-3430

セミナー「赤外線サーモグラフィ活用による建物診断・住宅診断の可能性」  

いつ: 2018年8月21日 @ 6:30 PM – 8:45 PM
どこで: アットビジネスセンター東京駅 会議室302

赤外線サーモグラフィを活用した場合の住宅診断や建物診断の可能性、業務を補完する具体的方法について解説するセミナー「赤外線サーモグラフィ活用による建物診断・住宅診断の可能性」を開催する。 これは、4月に一部改正された宅地建物取引業法が施行され、中古住宅の売買時にインスペクションの告知が義務付けられたことを受けて行うもの。 当日は昨今のホームインスペクションの動向や、(特非)日本ホームインスペクターズ協会が推奨するホームインスペクションについて解説するほか赤外線診断が必要な主な事象、赤外線診断を実施するために必要な技術などについて教える。 日時:8月21日(火)18:30~20:40(開場18:00) 会場:アットビジネスセンター東京駅 会議室302 受講料:無料 定員:100名(先着順) 問い合わせ:03-6709-8275

窓装飾プランナー資格試験 対策講座の受講者を募集  

いつ: 2018年8月7日 @ 1:00 PM – 4:45 PM
どこで: HIPS東京校

9月5日に実施される窓装飾プランナー資格試験のための集中講座「窓装飾プランナー資格試験 対策講座」の開催にあたり、受講者を募集している。 窓装飾プランナーはエレメントやプランニングなどを行う窓まわりのスペシャリスト。近年、インテリア業界において顧客満足度アップやビジネスチャンスの拡大につながるとして、注目を集めている。 講座には合格対策講座と予想問題演習講座の2種類があり、合格対策講座ではプランニングなどの基礎知識を教え、予想問題演習講座ではマークシート方式や記述式の問題などの出題を通して解説する。 日時:[合格対策講座]8月7日(火)13:00~16:30、[予想問題演習講座]8月21日(火)13:00~16:45 会場:HIPS東京校 受講料:[合格対策講座]1万2000円(別途テキスト代4320円)、[予想問題演習講座]1万2000円 問い合わせ:info@housing-a.co.jp

囲炉裏や薪ストーブを導入した物件のデザインコンテストを開催  

いつ: 2018年8月1日 – 2018年9月30日 全日

囲炉裏や薪ストーブを導入した優秀な物件を評価、表彰するコンテスト「第2回 囲炉裏・薪ストーブのあるくらしデザインコンテスト」の開催にあたり、施工作品を募集している。 コンテストは「いろり・薪ストーブによる ほのおのあるくらし」をテーマに新築住宅や古民家再生などのリフォームで囲炉裏や薪ストーブを導入した物件を募集し、住宅全体のコンセプトとのマッチングを評価するもの。応募は施主もしくは設計・施工者が対象で、応募には物件の設計・施工期間と設計コンセプト、図面、物件の写真を添付が必要。 応募期間:8月1日(水)~9月30日(日) 結果発表:11月28日(水)三重県伊勢市で発表イベントを開催 問い合わせ:06-6842-2271

ホームインスペクター資格試験 受験者を募集  

いつ: 2018年11月18日 @ 1:00 PM – 2:30 PM
どこで: 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡(会場の詳細は後日郵送する受験票に記載)

2018年度第10回公認ホームインスペクター資格試験の受験者を募集している。 同協会では、2009年よりホームインスペクターの資格試験を実施。昨年は1156名が受験し364名が合格した。 試験は4肢択一式で行う。問題は全50問で木造住宅やマンションの構造に関する基礎知識、住宅の調査・診断方法、住宅の売買・取引の形態や契約に関する知識などを問う。 試験日:11月18日(日)13:00~14:30 会場:札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡(会場の詳細は後日郵送する受験票に記載) 受験料:1万4000円(税込) 合格発表:12月20日(木)に合否通知を受験者へ郵送、加えて同協会のホームページにて発表 問い合わせ:0570-064-464

「建築業界の新しい潮流~サステナブル、免制震、AI、BIM、FM~」をテーマに建築とITに関する新技術や最新動向などを紹介する「建築とITのフォーラム 2018」  

いつ: 2018年10月10日 @ 12:00 PM – 6:00 PM
どこで: 御茶ノ水ソラシティホール

「建築業界の新しい潮流~サステナブル、免制震、AI、BIM、FM~」をテーマに建築とITに関する新技術や最新動向などを紹介する「建築とITのフォーラム 2018」を開催する。 当日は京都大学大学院工学研究科建築学専攻の竹脇出教授などによる講演「免震・制振構造の最新事例とBIM活用の展望」に加え、「これからの建築を考える~AI、サステナブル、施設マネジメント~」と題して日本郵政総務部付本社移転推進室室長などが講演を行う。 また、会場では構造システム・グループのソフトウェア製品の展示・体験コーナーを設置。建築に関わる製品のすべてを実際に操作して試すことができる。 日時:10月10日(水)12:00~18:00 会場:御茶ノ水ソラシティホール 参加費:無料(事前申込制) 問い合わせ:03-6821-1311