2017.12.4

大手ハウスメーカー 2017年度中間決算 

事業の多様化がさらに鮮明に

大手住宅メーカーから2017年度上期の業績が発表された。
雇用・所得環境の改善が続き、景気が穏やかに持ち直す一方で、国内住宅市場の縮小が鮮明になってきた。
住宅メーカーの業績にも影響を及ぼし始めている。
主力の住宅事業での収益確保に加え、事業領域の拡大に向けた企業の取り組みが加速している。

不透明感増す住宅市場で交錯する企業戦略

2017年度は景気の穏やかな回復が続き、雇用・所得環境の改善が進んだ。個人消費も持ち直しが見られる。住宅市場でも住宅ローンの低金利が継続したことから住宅取得にとって好環境が続いた。ただ、新設住宅着工戸数は97万戸を超えた2016年度と比べ低調に推移している。

国土交通省が発表した2017年9月の住宅着工戸数は8万3128戸と、前年同月で2.9%の減少となった。これで3カ月連続の減少となる。持家は2万4883戸で同2.7%減少した。持家の減少は4カ月連続だ。貸家も3万7521戸と同2.3%減った。貸家の減少も4 カ月連続となる。分譲住宅は2万202戸で、同5.3%減少と4カ月ぶりの減少に転じた。マンションが8628戸で同9.2%減ったことに加え、一戸建住宅も1万1347戸と同2.2%減少したため分譲住宅全体で減少となった。

景気の回復や住宅ローンの低金利など住宅購入に向けた後押しはあったが、様子見している消費者が多いようだ。

「展示場の来場者数は比較的堅調だったが、顧客が住宅購入、リフォームに踏み切る決め手に欠け、商談の長期化が続いた」といった業界関係者の指摘が多く、消費税の引き上げが先送りされてからの検討期間、商談の長期化傾向が続いている。

(一社)住宅生産団体連合会が発表した2017年10月度の経営者の住宅景況感調査では、2017年7月〜9月の実績の景況判断指数は対前年同期比で総受注戸数がマイナス32ポイント、総受注金額もマイナス23ポイントと、戸数、金額ともマイナスとなった。

また、土地オーナーの相続税対策としてのニーズもあり、昨年度まで好調に推移していた貸家が今年度は減少に転じており、住宅着工戸数低迷の要因になっている。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

ご登録により記事全文が閲覧可能になるほか、今後は会員様向けサービスなどもご用意していく予定です。是非この機会にご登録をお願いいたします。
よくあるご質問(FAQ)Housing Tribune Online無料会員について


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.612(2021年1号)

特集:

市場拡大の鍵
戸建、賃貸、マンション、リフォーム、既存住宅流通、移住・住替え…

2021年の幕が上がった。
コロナ一色であったといっていい2020年を経て、新たな年はどのような一年になるのだろうか。
人口減少、少子・高齢化、環境対策への強い要請など社会的な環境変化に加え、新型コロナウイルスの蔓延は住生活産業に劇的な変化を促そうとしている。
新設住宅着工はいよいよ70万戸時代に突入しそうで、新築をベースとした市場はその姿を大きく変えつつあり、既存住宅の取引量が増大している。
また、東京一極集中にストップがかかり、郊外への移住が顕在化し始めた。
一方、環境対策や自然災害対策などにより、省エネや耐震など住宅の性能向上はこれまで以上に強く求められそうだ。
特に空き家問題も踏まえ、既存住宅の利活用、更新が大きな課題となっている。
戸建からマンション、既存住宅流通、移住住替え、省エネや災害対策など、成長の鍵はどこにあるのか──。

目次を見る

関連記事