大和ハウス工業 IoT、AI活用しながらまち全体で健康促進 

認知機能の確認や運動を“気軽に”

 

住宅地への次世代モビリティ導入の検討が加速 

大和ハウスや東急電鉄は団地再生で高齢者の交通手段などに期待

 

 

大和ハウス工業 3年後めどに木造3000棟を目指す 

2020年3月までに全国で販売体制を確立

 

大和ハウス工業 住まい手の特別なこだわりを追求する住まいづくりを提案 

「プレミアムグランウッド」東京プロジェクトが始動