【2023年度決算 木質系内装建材】住宅需要の低迷で苦戦

原材料などのコストアップも影響大


木質系の内装建材メーカー各社の2023年度決算が出揃った。 新設住宅着工戸数の減少による住宅需要の低迷に加え、原材料費などの高騰が影響し、苦戦を強いられる企業が多かった。

23年度のR住宅は6383件

(一社)リノベーション協議会が報告

大阪・関西万博のシンボル 大屋根(リング)約9割が完成

未来社会の実験場と共に、世界の課題解決の場に

木構造デザイン、児童養護施設「星美ホーム サローネ」プロジェクトが完成

難しい木構造、構造設計と生産の「つなぎ役」として貢献