新商品レビュー  | 2019.7.30

セーフケアプラス

シニア世代に配慮した製品に 有効開口幅を大きく確保できる吊り戸


永大産業はシニア世代の暮らしに配慮した製品、セーフケアプラスを拡充し、より大きな有効開口幅を確保できる「子扉」付きの片引き(込み)吊り戸と袖壁ユニットを発売した。子扉を閉じた状態での開口有効幅は800㎜。ストレッチャーなどを通す際には、子扉を開くことで有効開口幅1100㎜を確保できる。また、内装建材シリーズ、Skism(スキスム)ブランドと連動させ、色柄の改廃なども行った。

商品名 セーフケアプラス
価格 お問い合わせください
発売 永大産業株式会社
掲載 ハウジング・トリビューン Vol.581(2019年13号)

この製品を含む記事

関連記事

Housing Tribune |  2019.7.12

ハウジング・トリビューン Vol.581(2019年13号)

住宅設計者にメリットをもたらす 改正建基法の使い方