【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

LIVING TECH協会

りびんぐてっくきょうかい

我が国での暮らしIoTの普及を目指し、リノベる、アマゾンジャパン、YKKAP、(一社)不動産テック協会、パナソニック、シグニファイジャパン、アイロボットジャパン、蔦屋家電エンタープライズなどにより設立された一般社団法人。

暮らしIoTに関わる情報収集や発信や、会員企業間による活発な実証実験、海外も含めて関連する他団体との連携した活動などを行なっていく方針。

このキーワードを含む記事

2020.11.25

LIVING TECH協会が本格始動

暮らしIoTで異業種連携

2020.11.2

YKK AP、小屋で新しい生活空間を提案

高性能窓など搭載し年間通し快適

2020.6.3

(一社)LIVING TECH協会が設立、スマートホーム等の社会実装を促す

リノベる、アマゾン、蔦屋家電、パナソニック、YKK APなどが参画

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)

特集:

閉塞感のその先へ

2022年の幕が上がった。
新型コロナウイルスの感染拡大は沈静化の様相を呈しているが、まだまだ予断は許さない。
脱炭素社会実現に向けた具体的な動きはいよいよ本格化する。
風水害をはじめとする自然災害対策は待ったなしだ。
社会環境の変化のなかで地方活性化の取り組みも活発化し始めている。
2022年は住宅産業のなかでどんなマーケットが拡大し、ビジネスチャンスとなるのか──。

目次を見る

関連記事

2022.1.13

【2022年の“注目”住宅マーケット:居場所づくり】コロナ禍を経て選択肢が広がる

コロナ禍を経て生まれる新しい暮らし方 移住、多拠点居住、ワーケーションなど選択肢が広がる

2021.10.27

タカショー、ハイブリッド形式で展示会を開催

DX駆使したパッケージサービスを目玉に