ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー住宅)の普及に向けた課題やロードマップを検討するため委員会。経済産業省では、この委員会の中間とりまとめ案を公表し、このなかでZEHの定義を示している。これまでZEHの明確な定義がなかったが、中間とりまとめ案では、省エネ基準以上の断熱性能を確保したうえで、太陽光発電などの創エネルギー機器などによりエネルギー消費量の収支をゼロにしたものをZEHとすると定義した。

#
このエントリーをはてなブックマークに追加