その他 |  2019.3.7

ZEH推進協、低・中層ZEH-M勉強会を開催

(一社)ZEH推進協議会では、2019年3月27日(水)に東京のTKP虎ノ門駅前カンファレンスセンターにて、「低・中層ZEH-M勉強会」を開催する。

経済産業省の担当官より「集合住宅におけるZEHロードマップ検討委員会のとりまとめ」についての講演があるほか、環境省より平成31年度の低・中層ZEH-M支援事業の方向性に関する説明も行う予定だ。詳細は(一社)ZEH推進協議会のホームページを参照。

参加費は無料で、同協議会の会員以外のZEHビルダー・プランナーも参加できる。申込は、専用ホームページから行える。申し込み期限は2019年3月15日(金)。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.601(2020年12号)

特集:

民法改正で何が変わる?
問われる建築時の性能管理能力

2020年4月の民法改正により、これまで使用されてきた「瑕疵」が「契約不適合」という分かりやすい言葉に言い換えられた。

これにより、消費者が契約時に約束された性能や品質に対してより敏感になり、厳しい目が向けられることも予想される。

住宅事業者には、どのような対応が求められているのか。

目次を見る