住生活サービス

じゅうせいかつさーびす

住まいにおける日々の生活に必要なサポートサービスの総称。家事代行、ハウスクリーニング、買物支援、食事サービス、育児、医療、介護、健康、物品販売、不用品の回収や処分、旅行のあっせん、カギや水道などの緊急時対応、定期的なメンテナンスを含めた修理及びリフォームなど広範囲のサービスを含む。マンション管理業界を中心にサービスの導入が進み、戸建て住宅や賃貸住宅、リフォーム分野でも導入と検討が始まっている。

このキーワードを含む記事

ハウジング・トリビューンVol.613(2021年2号)
2021.1.22

ハウジング・トリビューンVol.613(2021年2号)

新・住生活サービスへのパラダイムシフト

2019.11.11

特別レポート「CEATEC 2019」 住宅IoT、事業者連携で次世代サービス

簡易見守り、マイレシピ提案、快眠ソリューションなど

2019.7.16

(一社)住宅生産団体連合会 住生活ビジョンを策定

豊かな暮らしを目指し方向性を打ち出す

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.615(2021年4号)

特集:

中古住宅流通量増で期待度上昇

「中古マンションを購入してリノベーション」ということが住まいの選択肢の一つとして定着する一方で、戸建住宅のリノベーションについては、ニーズはあるものの工事の難しさ、性能の確保、コストアップなどのハードルも多く普及には至っていない。しかしここにきて建材メーカーなどが中心となり戸建住宅の性能向上リノベーションを支援する動きが活発化している。日本では戸建住宅の方がマンションよりもストック数は多く、新築市場が縮小していく中で有望市場であることは間違いない。戸建リノベの収益化に向け、どのようなアプローチが有効なのか。トップランナーの事業者の動きからヒントが見えてくる。

目次を見る