【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.643(2022年12号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

木質軸枠パネル構法

もくしつじくわくぱねるこうほう

ビスダックジャパンが開発した木造システム工法。在来軸組工法の外壁下地材と内壁下地材で「モノコック構造」を構成し、その内部に、オリジナルの高耐力壁、金物を用いて梁、土台、柱などで構成する耐力壁を一体化し、高耐力を有したパネルを工場で製造する。3種類のパネルを用いることで、在来軸組工法の木造建築物の構造を分解し、パネル化できるようにした。プレカット材のみの建て方と比較して上棟の工期を約半分に抑えられる。

このキーワードを含む記事

2022.2.21

中大規模木造建築を支える技術

脱炭素化、SDGs、木促法改正で脚光

2021.9.30

住宅高性能化を後押しする耐力面材、耐力壁

職人不足、品質確保、非住宅木造の対応でも鍵に

関連記事

ハウジング・トリビューン Vol.498(2015年14号)

活気づく"高級住宅"市場 アベノミクスで増加する富裕層

ハウジング・トリビューン Vol.489(2015年4号)

競争激化で求められる差別化戦略 選ばれるサ高住の条件