キーワード  | 2019.8.9

カスケード利用

かすけーどりよう

資源やエネルギーを複数の段階で有効活用すること。

例えば、木材であれば、製材品・集成材・合板等としてだけでなく、端材や間伐材をチップにし繊維板や燃料などにも利用することで、余すことなく利用できる。

大建工業は「日南町『木材総合カスケード利用』事業化検討プロジェクト」を通じ、自治体、森林組合、LVLメーカーと連携し、木材のカスケード利用に取り組んでいる。