【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

木造建築推進の先にある未来とは 改正木促法、識者はこう見る

法政大学 デザイン工学部建築学科 教授 網野禎昭 氏/東京大学 生産技術研究所 教授 腰原幹雄 氏

2021年10月1日、「脱炭素社会の実現に資するための建築物等における木材の利用促進に関する法律」が施行された。2010年10月に「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律(以下、木促法)」が施行されてから10年以上が経つのを契機に、公共建築物から建築物一般に拡大し、広く民間建築も含めて木材利用、木造化を促進する。木造建築物の設計・施工に係る先進的技術や、強度などに優れた建築用木材の製造技…


続きを読むには…

この記事は、プレミアム会員限定です。
会員登録をすると読むことができます。

プレミアム会員登録

ログイン

まだアカウントをお持ちでない方

Housing Tribune Online プレミアム会員に登録すると、次世代の住生活産業を拓く充実のコンテンツが使い放題になります。

  • 新しい日常に羅針盤を与える様々な特集記事が読み放題
  • さらに一歩踏み込んだニュース解説やインタビューも
  • 知っておくべき重要ニュースを詳しい解説付きで毎週配信
  • 記事では伝えきれない情報をオリジナル動画でお伝え
  • 住宅産業をとことん深掘りする電子書籍も読める
  • 住に関わる幅広いテーマを扱うオフラインセミナーを開催
プレミアム会員について詳しく

関連記事

2022.4.12

木材利用促進協定の策定が進む

半年で10協定が締結、木造化の広がりに拍車

2022.2.21

中大規模木造建築を支える技術

脱炭素化、SDGs、木促法改正で脚光

2022.1.7

【2022年の“注目”住宅マーケット:中高層木造】都市に国産材活用の第2の森

国産材活用の木造ビル建設が加速 SDGsで “都市の第2の森林”が脚光