【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.646(2022年15・16号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

Union Frame

ゆにおん ふれーむ

ウイングなどが中心となり開発を進める2×4工法の合理化構造。

2×4工法のルールに対応しながら、現在多用されている2×4材や2×10材などの海外製材寸法を中心にした構造から、これまでほとんど使われてこなかった4×6材の集成材を有効に配置し、床枠組や壁枠組を構成することで、強度性能の向上、材積低減などによるコスト削減、工期短縮効果などが期待できる。

このキーワードを含む記事

2022.3.14

2×4の強み生かし脱炭素、無垢材活用を推進する会が発足

ウイングらが疑心暗鬼はらい、チームで環境貢献

2021.11.30

広島建設、2×4分譲住宅事業が好調 前年比2倍の150棟超

国産材、リサイクル木材の利用で競争力強化

2021.9.14

中大規模木造攻略のポイント

木促法改正で市場拡大に期待

2021.4.13

来るか? 国産材ファーストの時代

SDGs、脱炭素達成に向け脚光

国産材活用の意義

ウイング取締役東北支店長 橋本宰 氏 / 伊佐ホームズ代表取締役社長 伊佐裕 氏

2020.12.25

どうなる2021年の住宅マーケット⑤

コロナ対策市場 / 住宅生産合理化・省施工化市場 / 防災市場 / シェアリングエコノミー市場