キーワード  | 2018.10.26

Union Frame

ゆにおん ふれーむ

ウイングなどが中心となり開発を進める2×4工法の合理化構造。

2×4工法のルールに対応しながら、現在多用されている2×4材や2×10材などの海外製材寸法を中心にした構造から、これまでほとんど使われてこなかった4×6材の集成材を有効に配置し、床枠組や壁枠組を構成することで、強度性能の向上、材積低減などによるコスト削減、工期短縮効果などが期待できる。

このキーワードを含む記事

建材 |  2018.11.7

ウイング、2×4工法のさらなる合理化へ着手

2日半で狭小地の3階建て住宅を上棟