【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

生産緑地の2022年問題

せいさんりょくちのにせんにじゅうにねんもんだい

2022年に大量の生産緑地が指定解除になり、やがてそれらの生産緑地が宅地として不動産市場に売り出され、不動産価格が暴落するのではないかと危惧されている問題。

自治体は農家からの生産緑地の買取の申出があると、時価で買い取らなければならないことになっているが、実際には財政難を理由に買い取られる可能性は低く、その多くが、生産緑地としての制限が解除され、宅地などに転用されるとみられている。

このキーワードを含む記事

2020.12.25

どうなる2021年の住宅マーケット②

戸建住宅市場 / 賃貸住宅市場 / 分譲マンション市場 / リフォーム・リノベーション市場

分譲住宅開発などでもっと農を付加価値にした取り組みを

一般財団法人 都市農地活用支援センター 常務理事 統括研究員 佐藤啓二 氏

新制度やコロナ禍で都市の農ある暮らしに注目の兆し

一般財団法人 都市農地活用支援センター 常務理事 統括研究員 佐藤啓二 氏

都市農地と住まい【前編】

東京大学大学院農学生命科学研究科 教授 安藤光義

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)

特集:

閉塞感のその先へ

2022年の幕が上がった。
新型コロナウイルスの感染拡大は沈静化の様相を呈しているが、まだまだ予断は許さない。
脱炭素社会実現に向けた具体的な動きはいよいよ本格化する。
風水害をはじめとする自然災害対策は待ったなしだ。
社会環境の変化のなかで地方活性化の取り組みも活発化し始めている。
2022年は住宅産業のなかでどんなマーケットが拡大し、ビジネスチャンスとなるのか──。

目次を見る