【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

生産緑地の2022年問題

せいさんりょくちのにせんにじゅうにねんもんだい

2022年に大量の生産緑地が指定解除になり、やがてそれらの生産緑地が宅地として不動産市場に売り出され、不動産価格が暴落するのではないかと危惧されている問題。

自治体は農家からの生産緑地の買取の申出があると、時価で買い取らなければならないことになっているが、実際には財政難を理由に買い取られる可能性は低く、その多くが、生産緑地としての制限が解除され、宅地などに転用されるとみられている。

このキーワードを含む記事

2020.12.25

どうなる2021年の住宅マーケット②

戸建住宅市場 / 賃貸住宅市場 / 分譲マンション市場 / リフォーム・リノベーション市場

分譲住宅開発などでもっと農を付加価値にした取り組みを

一般財団法人 都市農地活用支援センター 常務理事 統括研究員 佐藤啓二 氏

都市農地と住まい【前編】

東京大学大学院農学生命科学研究科 教授 安藤光義