【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.643(2022年12号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

分譲住宅開発などでもっと農を付加価値にした取り組みを

一般財団法人 都市農地活用支援センター 常務理事 統括研究員 佐藤啓二 氏

都市農地の活用と住まい【後編】 新型コロナウイルス感染症による暮らしの変化などにより、都市での農ある暮らしのニーズがこれまで以上に高まっている。こうした中、住宅・不動産事業者にはどういったことが求められるのか、(一財)都市農地活用支援センター・常務理事 統括研究員の佐藤啓二氏に聞いた。 ──前回は、新制度や新型コロナウイルス感染による暮らしの変化により、都市での農ある暮らしのニーズがこれまで以上に…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事