キーワード  | 2017.7.13

立地適正化計画

りっちてきせいかけいかく


2014年に改正された都市再生特別措置法によって制度化されたもので、市町村が策定する。居住や都市の生活を支える機能の誘導によるコンパクトなまちづくりと地域交通の再編との連携を図る。生活サービスを誘導する都市機能誘導区域と、居住を誘導し人口密度を維持する居住誘導区域を設定し、居住や都市機能を集積。生活利便性の向上や行政コストの削減、地域活性化といった効果の創出を目指す。


このキーワードを含む記事