【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.646(2022年15・16号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

森林・林業基本計画

しんりん・りんぎょうきほんけいかく

森林と林業に関する施策の総合的で計画的な推進を図るために策定される計画。森林のの持つ多面的な機能の発揮や林業の持続的で健全な発展を目指すのが目的。森林・林業基本法に基づき、概ね5年ごとに見直される。今年5月に新たな基本計画が閣議決定した。需要面ではCLTや非住宅分野などにおける新たな木材需要を創出。供給面では主伐と再造林対策の強化により、国産材の安定供給体制の構築が盛り込まれている。

このキーワードを含む記事

2022.2.21

中大規模木造建築を支える技術

脱炭素化、SDGs、木促法改正で脚光

2022.1.7

【2022年の“注目”住宅マーケット:中高層木造】都市に国産材活用の第2の森

国産材活用の木造ビル建設が加速 SDGsで “都市の第2の森林”が脚光

木造建築推進の先にある未来とは 改正木促法、識者はこう見る

法政大学 デザイン工学部建築学科 教授 網野禎昭 氏/東京大学 生産技術研究所 教授 腰原幹雄 氏

2021.9.16

2022年度住宅関連行政施策

脱炭素化、災害対策、ストック市場拡大など新たな施策が次々と

Housing Tribune vol.622 表紙
2021.6.25

ハウジング・トリビューンVol.622(2021年12号)

ウッドショックが突き付ける課題