2021.5.31

首都圏 新・賃貸マーケット

コロナ禍で需要が変化

コロナ禍で暮らしや住宅に求めるニーズが変化する中、首都圏の賃貸住宅市場にも変化が現れている。人口流入が減少し東京23区の需要にブレーキが掛かる一方で、家賃を抑え居住面積を広くとれる郊外エリアの需要が高まっている。また、仕様もテレワークなどの新しい生活様式に対応したものやZEHなどの省エネ性能が高いものへの注目度が高まっている。コロナ禍を契機に変化する首都圏の賃貸住宅マーケットを追う。 東京23区の…


続きを読むには…

この記事は、プレミアム会員限定です。
会員登録をすると読むことができます。

プレミアム会員登録

ログイン

まだアカウントをお持ちでない方

Housing Tribune Online プレミアム会員に登録すると、次世代の住生活産業を拓く充実のコンテンツが使い放題になります。

  • 1 新しい日常に羅針盤を与える様々な特集記事が読み放題
  • 2 さらに一歩踏み込んだニュース解説やインタビューも
  • 3 知っておくべき重要ニュースを詳しい解説付きで毎週配信
  • 4 記事では伝えきれない情報をオリジナル動画でお伝え
  • 5 住宅産業をとことん深掘りする電子書籍も読める
  • 6 住に関わる幅広いテーマを扱うオフラインセミナーを開催
プレミアム会員について詳しく

関連記事