【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.646(2022年15・16号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2020.2.21

パナソニック ホームズ、大阪で高齢者向け住宅の先導的モデルが始動

初の地方自治体との連携、周辺の医療機関とも協調

パナソニック ホームズが大阪府吹田市と連携して手掛ける、高齢者向け住宅の先導的モデル事業「patona吹田健都」が動き出した。地方自治体との連携による高齢者向け住宅の事業展開は同社として初めて。 「patona 吹田健都」の竣工を祝ってテープカットする井上社長(左から3番目)ら関係者 「patona吹田健都」は吹田市と摂津市にまたがる北大阪健康医療都市(健都)2街区(吹田市岸部新町)に誕生した。 …


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事

温熱環境の改善やIoTでの見守りなどを推進

サ高住の新たな展開は地域価値の向上につながる

(一社)高齢者住宅協会、2025年の高齢者住宅のあり方を提言

持家の改修、サテライト型サ高住など新たな姿を提示

2021.9.16

2022年度住宅関連行政施策

脱炭素化、災害対策、ストック市場拡大など新たな施策が次々と