【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

〜商品支援、販売支援、経営支援〜今、注目の住宅ネットワーク

住宅市場で勝ち残るための充実のサポート力

2018年の新設住宅着工戸数は約94万戸。前年より2%減った。今後も減少傾向は続き、野村総合研究所では2030年には63万戸まで減少すると見込む。

こうした新設住宅着工戸数の減少トレンドの中、住宅関連のネットワーク化が注目されている。工務店・ビルダーは、自らに足りないものをこうしたFCやVCなどのネットワークに求める。そこで提供されるのは、高気密・高断熱の高性能化が実現できる技術から、経営ノウハウ、外構提案、そしてリフォームまで様々だ。

そこで、注目の住宅ネットワーク3社の強みを紹介していく。

関連記事