行政 |  2019.8.22

国交省、新たな土地施策の議論を開始

ESG・SDGs投資、所有者不明土地問題を検討


国土交通省は、土地政策の新たな方向性について議論を開始した。ESGやSDGs、所有者不明土地問題などを踏まえた新たな土地政策を検討し、「土地基本法」の改正案にも議論の内容を反映させる考えだ。


国土交通省は、第32回の「国土審議会土地政策分科会企画部会」(部会長:中井検裕 東京工業大学環境・社会理工学院長)を開催、「土地政策の新たな方向性2016」の見直しに向けた議論を開始した。

我が国の土地に関する施策の基本事項は「土地基本法」に基づいている。しかし、現行の土地基本法はバブル期に施行されたもので、それから30年あまり経ち、社会環境は変化している。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目


関連記事