2016.11.15

次代の住宅マーケットの主役となるか!? ゆとり世代の正体

ゆとり世代が個人消費の主役になる

個人消費のマーケットで「ゆとり世代」の動向が注目されるようになってきた。

「ゆとり世代」については明確な定義はないが、一般的には「ゆとり教育」で学校教育を受けた世代と捉えられることが多い。つまり、1987年4月~2004年3月生まれまでが「ゆとり世代」ということになり、かなり幅が広い。

それまでの知識偏重の詰め込み教育から脱却し、思考力、生きる力を育てることを重視した「ゆとり教育」が小中学校に導入されたのが2002年度。改定された新たな学習指導要領における教育が開始された。小中学校では学習内容が3割減らされ、授業時数も削減された。完全学校週5日制が実施されたのもこのときだ。

ちなみに「ゆとり教育」については、生徒の学力低下が指摘されるようになり、2011年度~2013年度に学習指導要領が再び改定され、終わりを告げた。

1987年度に生まれた若者が現在29歳となっていることから、今の20歳代はほぼ「ゆとり世代」と捉えることができる。現時点で消費のボリュームゾーンとは言えないが、10年後にはあらゆる意味で消費の中心世代となるのは間違いない。1987年度生まれが30歳を目前に控えるなか、住宅業界でも今後、住宅一次取得層の主役となる「ゆとり世代」を無視することはできないだろう。

つづきを読む(ジー・サーチ ミッケ!で購入)

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.626(2021年17号)

特集:

木促法改正で市場拡大に期待

利用期を迎えた国内の森林資源の活用、また、SDGs、脱炭素化といった観点から、木造建築推進の機運が高まっている。
2021年6月には、公共建築物木造利用促進法(木促法)が改正され、脱炭素社会の実現に向けて、一般建築も含めて、木造化を推進していく方針が打ち出された。
市場拡大への期待が高まる中で、事業者の動き、木造建築を建てやすくする技術開発が加速する。
中大規模木造市場攻略のポイントはどこにあるのだろうか。

目次を見る

関連記事

2016.12.26

ハウジング・トリビューン Vol.528(2017年1号)

2030年の住宅産業ビジョンを描く 未来を変える12の視座

ハウジング・トリビューン Vol.454(2013年12号)

ハウジングトリビューン流 住生活白書 2013