【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.643(2022年12号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

豊かさ、幸せ感を実感できる分散型社会を

価値観の多様化のなかで移住の主役は若年層へ

コロナ禍、東日本大震災、働き方改革―人々の価値観の変化、多様化が進むなか移住に対する関心が高まっている。移住希望者、また、移住政策を進める自治体にはどのような変化が起こっているのか、また、移住が広がる先に何があるのか、認定NPOふるさと回帰支援センターの高橋公理事長に聞いた。 認定NPOふるさと回帰支援センター高橋 公 理事長 ──地方移住希望者の近年の推移や変化について教えてください。 高橋 2…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事

2022.1.14

【2022年の“注目”住宅マーケット:デジタル田園都市】郊外・地方で開発が加速

郊外・地方でデジタル実装のまちづくりが活発化 政府推進で開発が加速

2021.12.17

【2021年重大ニュース 新時代のターニングポイント】新しい資本主義で“デジタル田園都市国家”

デジタル技術の実装進め、地方・郊外の活性化へ 民間も先駆け先進スマートタウンが相次ぐ

2020.11.13

ワーケーション、その可能性

地域創生、働き方改革の切り札となるか