Jシリーズ

ハーフセルの採用で高効率・高出力のソーラーパネル

  


LIXILはハーフセルの採用などにより、高効率・高出力を実現したソーラーパネルJシリーズの受注開始した。

ハーフセル技術により、電流を小さくすることで、配線部分での電力ロスを低減、発電効率の向上を図った。6インチのフルセルと比較した場合、同じ敷設面積でも出力量が約7%向上。

「Jシリーズ」の発売により、LIXILの太陽光発電システムは、「Gシリーズ」(250W)と「Jシリーズ」(310W)の2シリーズから選べるようになった。

■商品情報

商品名:Jシリーズ
価格 317万8500円~(税抜)(出力6.51kW/モジュール21枚(Fサイズ))
発売:LIXIL(03-6273-3607)
ハウジング・トリビューン vol.569 (2018年23・24号)に掲載

関連記事