【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.643(2022年12号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

IPCC

あいぴーしーしー

気候変動に関する政府間協議。新たに公表された第6次評価報告書では、世界全体の温室効果ガスの21%は、住宅・建築物から生まれると指摘。過去30年間で190億t増加。一人当たりの床面積の増加(210億t)、人口増(110億t)などが、この間に進展した省エネ効果(200億t)を上回った。需要マネジメント、省エネ・省資源、原材料の循環型利用に向け住宅産業のバリューチェーン全体での協力が不可欠となる。

このキーワードを含む記事

ハウジング・トリビューン Vol.484(2014年22号)

不眠大国ニッポンを救え 快眠住宅のつくり方

ハウジング・トリビューン Vol.477(2014年14号)

2014年 各省庁の白書に見る 日本の暮らしと住まいの今

ハウジング・トリビューン Vol.476(2014年13号)

住宅業界のための3Dプリンター活用術

ハウジング・トリビューン Vol.475(2014年12号)

住宅・建設業界で深刻化する人材不足 人材確保・育成のラストチャンス

関連記事