【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

MR

えむあーる

Mixed Reality(複合現実)の略で、MRグラス越しに、現実空間の中に3Dのデジタル情報を浮かび上がらせる技術。通信環境、MR技術そのものの進化により、実用化段階にある。タカショーは、MRグラスを活用して、エクステリア製品を現実空間に配置し、施工後の完成イメージをシミュレーションできる業界初のXR体験アプリ「メタバガーデンfor MR グラス」をKDDIと共同で開発、2021年9月から提供を開始する。

このキーワードを含む記事

2021.11.19

トヨタホーム、TQ FACTORYの成約率が1.5倍に

予約も2倍と“楽しく学べる”施設が好評

2021.10.27

タカショー、ハイブリッド形式で展示会を開催

DX駆使したパッケージサービスを目玉に

2021.9.27

MRグラス活用したソリューション提案が活発化

商品、空間提案から、検査サポートまで

2021.9.10

ハウジング・トリビューンVol.626(2021年17号)

中大規模木造攻略のポイント

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)

特集:

閉塞感のその先へ

2022年の幕が上がった。
新型コロナウイルスの感染拡大は沈静化の様相を呈しているが、まだまだ予断は許さない。
脱炭素社会実現に向けた具体的な動きはいよいよ本格化する。
風水害をはじめとする自然災害対策は待ったなしだ。
社会環境の変化のなかで地方活性化の取り組みも活発化し始めている。
2022年は住宅産業のなかでどんなマーケットが拡大し、ビジネスチャンスとなるのか──。

目次を見る

関連記事