【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

脱炭素社会に向けた住宅・建築物の省エネ対策等のあり方検討会

だつたんそしゃかいにむけたじゅうたくけんちくぶつのしょうえねたいさくとうのありかたけんとうかい

2050年の住宅分野での脱炭素化に向けて、国土交通省、経済産業省、環境省の3省が合同で設置した有識者検討会。

新築住宅への省エネ基準の適合義務化や太陽光発電の設置義務化などの論点について検討し、住宅・建築分野における脱炭素化の施策の全体的な方向性を示す。そしてその内容に基づき、国は2050年の住宅分野での脱炭素化に向けて、バックキャスティングで行うべき施策のロードマップを策定する方針だ。

このキーワードを含む記事

関連記事

2021.6.7

〈住宅言論広場Agora〉コロナ禍で地方移住は進むのか?

タス 藤井和之 氏 / 日本総合研究所調査部 藤波匠 氏

2020.12.25

どうなる2021年の住宅マーケット⑤

コロナ対策市場 / 住宅生産合理化・省施工化市場 / 防災市場 / シェアリングエコノミー市場