リースバック

りーすばっく

自宅を活用した新たな資金調達の手段。自宅を専門の不動産会社へ売却後、買主のオーナーに対してリース料(家賃)を支払うことで、売却後も自宅に住み続けられるサービスだ。

多くの住宅・不動産事業者が新規参入しており、既存の事業者も業績を伸ばしている。

また、国も市場整備に向けてガイドライン策定などの動きを開始しており、市場拡大の機運が一気に高まっている。

このキーワードを含む記事

ハウジング・トリビューンVol.607(2020年19号)
2020.10.9

ハウジング・トリビューンVol.607(2020年19号)

市場拡大への機運高まる リースバック

2020.7.14

国交省、住生活基本計画の中間とりまとめ案たたき台

新型コロナで住まい方の変化にも言及

2019.9.18

2020年度、住宅予算の概算要求まとまる

ZEH、老朽化マンション、BIM、ESG投資など新たな注目施策が目白押し

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.613(2021年2号)

特集:

新たな暮らしに求められ、急拡大する新市場

新型コロナウイルス、デジタルテクノロジー、新交通など社会がドラスティックに変化しつつあるなか、人々の暮らしも大きく変わりつつある。
これまで暮らしのなかでのニーズや困りごとに対して、さまざまな住生活サービスが提供されてきた。
しかし、社会環境や生活スタイルが大きく変わり、また、さまざまな分野での技術革新が進むなか、住生活サービスにおいてもパラダイムシフトが起こっている。
今、どのようなサービスが求められ、急成長しつつあるのか――。
6つの新・生活サービスを追った。

目次を見る

関連記事