グリーンインフラ

ぐりーんいんふら

自然が有する多様な機能や仕組みを活用したインフラストラクチャーや土地利用計画。日本では国土形成計画(2015年)や、森林・林業基本計画(2016年)、国土強靭化アクションプラン2017において、グリーンインフラの推進が盛り込まれている。UR都市機構は、2011年に大規模再生を行った団地、シャレール荻窪などにおいてグリーンインフラを用いたまちづくりを推進。こうした先行事例のノウハウを発信し、全国展開を目指す。

このキーワードを含む記事

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.608(2020年20号)

特集:

データ連携で業務改革

木造住宅の分野で、住宅データを連携させ、構造図作成、プレカット図作成、さらに構造計算、積算・見積といった業務効率を格段に高めるソリューション提案が活発化している。住宅業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)ともいえる波は、ビルダー、建材流通事業者、プレカット工場など、多岐にわたる関係者にどのような影響をもたらすのか。単に生産性向上にとどまらず、新たな価値の創出、競争力強化といった効果も期待できそうだ。

目次を見る

関連記事