キーワード  | 2019.9.27

住生活基本計画

じゅうせいかつきほんけいかく

住生活基本法の理念を具体化するため策定される中長期計画。法律では、国と都道府県に計画策定を義務付けており、その中で国が策定するものが「全国計画」で、計画期間は10年だが、おおむね5年毎に見直している。現行の計画は16年3月に閣議決定された。次の閣議決定は21年3月を予定。国土交通省はそれに向け、議論をスタート。9月12日に行われた社会資本整備審議会住宅宅地分科会では論点のたたき台が示された。

このキーワードを含む記事

Housing Tribune |  2019.10.11

ハウジング・トリビューン Vol.586(2019年19号)

データから読み解く 令和の住まいと暮らし

行政 |  2019.10.1

国交省、住生活基本計画(全国計画)の見直し議論開始

まちづくり、外国人材への対応など論点に

Housing Tribune |  2019.9.27

ハウジング・トリビューン Vol.585(2019年18号)

空き家対策最前線 回りだす官民連携の自立モデル