【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

2019.9.27

ハウジング・トリビューン Vol.585(2019年18号)

空き家対策最前線 回りだす官民連携の自立モデル

空き家対策最前線
回りだす官民連携の自立モデル

ハウジング・トリビューン Vol.585(2019年18号)

発行元:創樹社  価格:1200円+税

創樹社ONLINE SHOPで購入 fujisan.co.jpで購入

定期購読者限定コンテンツ「Housing Tribune Weekly」は毎週金曜日に配信

年間定期購読

目次

HTʼS EYES

繰り返される自然災害に何ができる?
住宅用地特例の壁

空き家対策最前線
回りだす官民連携の自立モデル

INTERVIEW

次の目標は「日本一のホームビルダー集団」
アキュラホーム 社長 宮沢 俊哉 氏

多様化するニーズへの対応が中小工務店生き残りのカギ
WAKUWAKU 代表取締役 鎌田 友和 氏

地域工務店こそSDGsに取り組むべき
(一社)JBN・全国工務店協会 会長 大野 年司 氏

TOPICS&NEWS

ヴィンテージマンションのリノベ市場活況の兆し
国交省、住生活基本計画(全国計画)の見直し議論開始
大きな駆け込み需要ないまま消費税10%へ突入
卒FIT後の電力買い取りで環境貢献の動き広がる
卒FITで“仮想蓄電”の提案が加速
アキュラホーム モデルハウスを災害時支援の施設に

断熱・開口部業界 建築物省エネ法の改正がターニングポイントに

岡部 繰り返しの地震に耐える木造筋かい金物を訴求

連載

金丸レポート【田舎再生の現場から】cace4. 和歌山県田辺市その⑤
食環境ジャーナリスト 金丸弘美 氏

新・住まい学 「空の産業革命と住まい」【後編】
三菱総合研究所 主任研究員 大木孝 氏

ここがすごい‼ プレミアム住宅建材
エクセルシャノン「シャノンウインド(ESクリアスーパー、ESクリア)」

CLOSE UP

パナソニック ライフソリューションズ社
ショールーム戦略で新機軸 接客の社内認定制度を開始
(一社)プレハブ建築協会 戸数・シェアの減少続くなか性能・品質の向上は着実な広がり
(一社)日本木造住宅産業協会 平成28年省エネルギー基準適合住宅が8割超に

FLASH

大和ハウス工業、三協立山 共同開発した植物工場システムを来月から販売
ミサワホーム AI型チャットボット使ったサービス開始
リネシス 賃貸に住み続ければ最後は持ち家に
パナソニック ライフソリューションズ社 電設事業、30年に売上高4000億円へ倍増
ブルム 中長期の商品戦略を発表 居住スペースの狭小化などに対応

Channeling Data

妻の半数が夫に料理してほしい

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)

特集:

閉塞感のその先へ

2022年の幕が上がった。
新型コロナウイルスの感染拡大は沈静化の様相を呈しているが、まだまだ予断は許さない。
脱炭素社会実現に向けた具体的な動きはいよいよ本格化する。
風水害をはじめとする自然災害対策は待ったなしだ。
社会環境の変化のなかで地方活性化の取り組みも活発化し始めている。
2022年は住宅産業のなかでどんなマーケットが拡大し、ビジネスチャンスとなるのか──。

目次を見る

関連記事

2022.1.13

【2022年の“注目”住宅マーケット:居場所づくり】コロナ禍を経て選択肢が広がる

コロナ禍を経て生まれる新しい暮らし方 移住、多拠点居住、ワーケーションなど選択肢が広がる

2022.1.12

【2022年の“注目”住宅マーケット:太陽光発電】ZEH化、TPOモデルが後押しに

戸建分譲、賃貸へも導入が進む ZEH化、TPOモデル登場が後押し