キーワード  | 2018.6.22

リバースモーゲージ型住宅ローン

りばーすモーげーじがたじゅうたくろーん

(独)住宅金融支援機構が全国の金融機関を通じて提供しているリバースモーゲージの要素を取り入れた住宅ローン。対象は高齢者、毎月の支払は利息のみで利用者死亡時に自宅と敷地で一括返済するという点はリバースモーゲージと同じだが、資金利用使途がリフォームや住み替えなどに限定される点が異なる。担保割れの保証も付けている。2017年度に新規に取り扱いを開始した金融機関が前年度比1・5倍、利用者数は4倍超に急拡大した。

このキーワードを含む記事

(独)住宅金融支援機構 ホームページより
その他 |  2020.6.8

新たな住宅投資を呼び込むリ・バース60

ノンリコース型導入などで利用実績が急増

その他 |  2018.7.12

リバースモーゲージ本格普及の兆し

ノンリコース型、担保割れ保証で提携など環境整備が進み、地方へも拡大

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.605(2020年17号)

特集:

ターニングポイントを迎える防災・減災

国をあげた防災・減災対策の取り組みが加速している。
キーワードは“気候変動×防災”だ。
これまで進めてきたダムや堤防などハードを重視した対策だけでなく、「危ない土地に住まない」、「自然の機能を活用する」など「災害をいなす防災」も重視するスタンスへのシフトである。
各省庁の施策も、自然生態系の活用やグリーンインフラの整備、ハザードエリアの利用規制、流域治水など、これまでとは異なる新たな取り組みが目白押しだ。
猛威を振るう自然災害のなか、まちづくり・家づくりにも新たな対応が求められる。

目次を見る