JHFのリバモゲ型住宅ローンへの申し込みが過去最高

Housing Tribune Weekly vol.525

(独)住宅金融支援機構(JHF)のリバースモーゲージ型住宅ローンリ・バース60」への申し込み数(付保申請戸数)が初めて年間で1000件を超え、過去最高となった。コロナ禍で先行きが不透明ななか、住み替えやリフォームの資金調達方法として、より注目が集まっている。 「リ・バース60」はリバースモーゲージの要素を取り入れた住宅ローン。対象は高齢者、毎月の支払は利息のみで利用者死亡時に自宅と敷地で一括返済…


続きを読むには…

この記事は、プレミアム会員限定です。
会員登録をすると読むことができます。

プレミアム会員登録

会員の方はログイン

パスワードをお忘れですか ?

まだアカウントをお持ちでない方

Housing Tribune Online プレミアム会員に登録すると、次世代の住生活産業を拓く充実のコンテンツが使い放題になります。

  • 1 新しい日常に羅針盤を与える様々な特集記事が読み放題
  • 2 さらに一歩踏み込んだニュース解説やインタビューも
  • 3 知っておくべき重要ニュースを詳しい解説付きで毎週配信
  • 4 記事では伝えきれない情報をオリジナル動画でお伝え
  • 5 住宅産業をとことん深掘りする電子書籍も読める
  • 6 住に関わる幅広いテーマを扱うオフラインセミナーを開催

プレミアム会員について詳しく

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.619(2021年8・9号)

特集:

パンデミック後の住産業

コロナ感染拡大の第一波から1年が過ぎた。
特に緊急事態宣言下で、仕事や暮らしが一定の制限を受け、社会そのものが大きく変わらざるを得ない状況が続いている。
こうした変化を受け、住生活でも大きな変化が起こり、新たなニーズが生まれている。
パンデミックで何が変わり、何が変わらないのか。
この一年の変化と、これからを探った。

目次を見る

関連記事