建設キャリアアップシステム

けんせつきゃりああっぷしすてむ

建設技能労働者がしっかりとキャリアを積み、そのキャリアが処遇などに適切に評価されるように、国土交通省が構築を進めているシステム。来年10月に開始する予定。

来年4月から建設技能労働者に保有資格や就業履歴などの情報をネットや郵送で登録してもらい、データベースを作る。そのうえで、データベースを活用し、建設業のあらゆる職種を横断して技能労働者の施工能力を評価する制度の運用を目指す。

このキーワードを含む記事

2020.12.17

KSK、コムテックス 住宅マネージャーとKizukuの連携で合意

新たな価値で住宅事業者の働き方改革を支援

2020.10.27

国交省と厚労省が連携し建設業の人材育成へ

CCUS普及、デジタル・ガバメントの推進など

ハウジング・トリビューンVol.607(2020年19号)
2020.10.9

ハウジング・トリビューンVol.607(2020年19号)

市場拡大への機運高まる リースバック

2020.9.23

コムテックス、建設キャリアアップシステムの機能強化へ

国土交通省の委託事業として調査・検討

2020.7.28

規制逃れの偽装一人親方化にメス

適法の一人親方の処遇改善策など検討

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.613(2021年2号)

特集:

新たな暮らしに求められ、急拡大する新市場

新型コロナウイルス、デジタルテクノロジー、新交通など社会がドラスティックに変化しつつあるなか、人々の暮らしも大きく変わりつつある。
これまで暮らしのなかでのニーズや困りごとに対して、さまざまな住生活サービスが提供されてきた。
しかし、社会環境や生活スタイルが大きく変わり、また、さまざまな分野での技術革新が進むなか、住生活サービスにおいてもパラダイムシフトが起こっている。
今、どのようなサービスが求められ、急成長しつつあるのか――。
6つの新・生活サービスを追った。

目次を見る