キーワード  | 2017.6.23

アパートメントホテル

あぱーとめんとほてる

3〜4人程度のファミリーなどの中長期間滞在を目的とした宿泊施設。ベッドだけでなくLDKもある間取りで、マンションで暮らすような時間の過ごし方が可能だ。

コスモスイニシアは住宅事業のノウハウを活かすことができ、ホテル特有のノウハウがなくても宿泊施設の運営を行いやすいなどの理由で、アパートメントホテル事業を開始。今後の事業の柱のひとつとしていきたい考えだ。

このキーワードを含む記事

住宅 |  2019.6.4

インバウンド需要で住宅業界も宿泊事業に熱視線

パナソニック ホームズはサブリースで本格参入

不動産 |  2018.3.8

コスモスイニシア “住宅型ホテル”の初弾を上野にオープン

訪日外国人家族の中長期滞在ニーズを開拓

住宅 |  2017.8.10

大和ハウス工業、賃貸住宅事業で 売上高1兆円突破目指す

関連市場、新市場を開拓し、事業領域を拡大

Housing Tribune |  2017.6.23

ハウジング・トリビューン Vol.538(2017年12号)

住宅・不動産事業者だからできる"ひと味違う"宿泊施設

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.605(2020年17号)

特集:

ターニングポイントを迎える防災・減災

国をあげた防災・減災対策の取り組みが加速している。
キーワードは“気候変動×防災”だ。
これまで進めてきたダムや堤防などハードを重視した対策だけでなく、「危ない土地に住まない」、「自然の機能を活用する」など「災害をいなす防災」も重視するスタンスへのシフトである。
各省庁の施策も、自然生態系の活用やグリーンインフラの整備、ハザードエリアの利用規制、流域治水など、これまでとは異なる新たな取り組みが目白押しだ。
猛威を振るう自然災害のなか、まちづくり・家づくりにも新たな対応が求められる。

目次を見る