【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.646(2022年15・16号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2017.8.10

大和ハウス工業、賃貸住宅事業で 売上高1兆円突破目指す

関連市場、新市場を開拓し、事業領域を拡大

大和ハウス工業が賃貸住宅事業の事業領域の拡大を図っている。人口・世帯数の減少が見込まれるなか、他社にない付加価値などを加えた商品を投入。店舗・住居が併用する賃貸住宅、シェアハウスといった関連市場、高齢者向け住宅やサービスアパートメント、 アパートメントホテル といった新たな市場の開拓も進める。賃貸住宅を核に事業領域を広げ、2017年度は1兆320億円の売上高を目指す。 賃貸住宅事業の戦略について説…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事