インバウンド需要で住宅業界も宿泊事業に熱視線

パナソニック ホームズはサブリースで本格参入

  


拡大するインバウンド需要を見据え、住宅業界でも宿泊事業に注目が集まっている。パナソニック ホームズは独自のサブリーススキームを使って、土地オーナーに宿泊施設の経営などを提案するサービスに本腰を入れ始めた。他にもアパートメントホテルの開業や民泊施設のリノベーションなどの動きもある。

パナソニック ホームズは、工業化住宅最高の9階建てまで建築可能な「ビューノ」と独自のサブリーススキームを組み合わせたサービス「ビューノステイ」で宿泊事業に本格参入した。グループ子会社のパナソニックホームズ不動産が土地オーナーとの間で一括借上げ契約し、その後宿泊事業者とサブリース契約を結ぶ。宿泊施設から一般賃貸住宅への転用も可能という。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース