コスモスイニシア “住宅型ホテル”の初弾を上野にオープン

訪日外国人家族の中長期滞在ニーズを開拓


大和ハウス工業グループの不動産デベロッパーであるコスモスイニシアは、暮らすように滞在できる"住宅型ホテル"の初弾を東京・上野にオープンした。訪日外国人家族の中長期滞在ニーズを開拓する。

コスモスイニシアは宿泊施設事業に参入し、アパートメントホテルの第一弾「MIMARU東京 上野NORTH」(東京都台東区・客室40室)をオープンさせた。「アパートメントホテル」は日本ではまだ新しい形態の宿泊施設で、3~4人程度のファミリーなどの中長期間滞在を目的とする。寝室だけでなくLDKもある間取りで、マンションで暮らすような時間の過ごし方が可能だ。

日本のホテルはビジネスでの利用者をメインターゲットとしているため、シングル、ツインの部屋が圧倒的に多く、ファミリー向けの部屋は少ないというのが実情だ。だが、実際にはアジアの発展途上国を中心に、3~4人のファミリー層が半数程度と大きな割合を占めている。また、中長期間滞在する人が多い。一方で、これまで、こういった属性の人たちが中長期的に快適に滞在できる宿泊施設は日本ではあまりなかったため、コスモスイニシアはチャンスと捉えている。

アパートメントホテルは住宅事業のノウハウも活かせる。アパートメントホテルの部屋はLDKを備えた住宅のような間取りであるため、新築分譲マンションの設計ノウハウが生かせる。

アパートメントホテル「MIMARU東京上野NORTH」では、寝室だけでなくLDKもある間取りで、マンションで暮らすような時間の過ごし方が可能
専用スマートフォンで出前を取ることも可能。例えば、部屋で手巻き寿司を楽しめる

専用スマホでホテルサービスを代用
利便性向上、人件費を削減

コスモスイニシアのアパートメントホテルでは、フロントなどの従業員はできるだけ少なくしランニングコストを抑える。その代わりに一部屋に一台、外出時にも持ち出せる専用のスマートフォンを設置し、従来のホテルサービスの代わりとなる機能を提供する。

例えば、従来ならフロントが周辺の案内を行っていたが、旅行者は専用スマートフォンで自分で調べながら観光できる。国内の通信・通話が使い放題で、アプリも自由にダウンロード可能だ。「AIコンシェルジュ」という専用アプリもプリセットされており、コンシェルジュの代わりになる。宿泊者の質問やリクエストに他言語に対応するチャットボットが答える。また、専用スマートフォンには、出前アプリの「UberEATS(ウーバーイーツ)」をダウンロードしてあり、部屋での料理が手間な時には、連携している地域の寿司屋などから出前を取れるようにしている。

コスモスイニシアでは現在17棟878室のアパートメントホテルを開発中で、今後も東京や京都、大阪などで増やしていき2020年までに1500室の稼働を目標としている。新築だけでなくリノベーションでの提供にも積極的に取り組んでいく。


関連記事

住まいの最新ニュース

地域のニュース

外部サイトへのリンクです