キーワード  | 2015.2.13

相続空き家

そうぞくあきや

実家などの相続した空き家。日本司法書士会連合会に寄せられた空き家に関する相談データから、相続空き家の問題が明るみになってきた。相談データによると、空き家となった理由の約半数が「所有者の死亡」であり、実家などが相続されずに放置され空き家化するケースが多いということが分かった。また、相続の放棄がうまくいかず、空き家化するケースもあると見られ、相続空き家の問題が空き家対策の中で重要になってきそうだ。