【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

外皮平均熱貫流率

がいひへいきんねつかんりゅうりつ

建物の外皮の平均熱貫流率を示す値。UA値とも呼ばれている。

2013年度から施行になる予定の新たな省エネ基準では、住宅の断熱性能を示す値として、従来の熱損失係数(Q値)に代わり、外皮平均熱貫流率を採用している。値もUA値も総熱損失量の算出対象部位は外皮の全部位だが、総熱損失量を徐する対象部位がQ値では床面積の合計、UA値では外皮面積となっている。

このキーワードを含む記事