建物の外皮の平均熱貫流率を示す値。UA値とも呼ばれている。

2013年度から施行になる予定の新たな省エネ基準では、住宅の断熱性能を示す値として、従来の熱損失係数(Q値)に代わり、外皮平均熱貫流率を採用している。値もUA値も総熱損失量の算出対象部位は外皮の全部位だが、総熱損失量を徐する対象部位がQ値では床面積の合計、UA値では外皮面積となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加