キーワード  | 2012.11.22

外皮平均熱貫流率

がいひへいきんねつかんりゅうりつ

建物の外皮の平均熱貫流率を示す値。UA値とも呼ばれている。

2013年度から施行になる予定の新たな省エネ基準では、住宅の断熱性能を示す値として、従来の熱損失係数(Q値)に代わり、外皮平均熱貫流率を採用している。値もUA値も総熱損失量の算出対象部位は外皮の全部位だが、総熱損失量を徐する対象部位がQ値では床面積の合計、UA値では外皮面積となっている。

このキーワードを含む記事

建材 |  2019.11.21

YKK AP、性能向上リノベ実証PJ第7弾

京町家をHEAT20のG2レベルに

建材 |  2019.11.14

パラマウント硝子工業 断熱体感施設「パラマン館」をオープン

高断熱住宅を“体感”し“納得”する場に

その他 |  2019.7.17

HEAT20が新たな外皮性能「G3」を提示

さらにノンエナジーベネフィットが増大

住宅 |  2017.6.9

旭化成ホームズ「キュービックルーミー」

都市型住宅に遊び心と収納力の詰まった新しい空間価値を創出