【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.643(2022年12号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

モビリティサービス導入の街づくりが加速

デジタル田園都市国家構想にも合致で追い風

郊外の分譲地などで、街の魅力向上の一環としてモビリティ活用した配送サービスの開発が加速している。国は、デジタル田園都市国家構想を掲げ、地方の郊外都市のスマートシティ化の動きを支援する。全国各地で、スマートシティ化の1つのアプローチとして、モビリティサービスを導入する街づくりはさらに盛り上がっていきそうだ。 トヨタホームなどが開発を進める、南栗橋のスマートタウン「BRIDGE LIFE Platfo…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事

2022.6.30

[堺市]域内建築をゼロエネルギー化

脱炭素でニュータウンの魅力向上

2022.6.30

[佐渡市]離島特有のエネルギー問題を解決

環境ブランド価値を高め地域を活性化

2022.6.29

[さいたま市]都市型モデルで脱炭素化

太陽光など再エネ電源利用でエネルギーマネジメント

2022.6.28

近未来のまちの姿 国家戦略特区

スーパーシティと健康の特区が選定