【お知らせ】1月26日午後、google chromeでトップページの記事の一部が表示されない場合がありました。17時45分現在修正済みですが、万が一引き続き表示されない場合はキャッシュのクリアをお試しください。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

2022.1.13

【2022年の“注目”住宅マーケット:居場所づくり】コロナ禍を経て選択肢が広がる

コロナ禍を経て生まれる新しい暮らし方 移住、多拠点居住、ワーケーションなど選択肢が広がる

移住や多拠点居住、ワーケーションといった動きがじわり広がりつつある。新型コロナウイルスのパンデミックにより、人々の価値観がドラスティックに変わるなか、新たな〝暮らし方〟が大きく広がりそうだ。 移住・定住の動きが着実に広がりつつある。NPO法人ふるさと回帰支援センターへの来訪者・問い合わせ件数は年々増加、2010年に6020件であったものが、2015に急増して2万1584件、2019年には4万940…


続きを読むには…

この記事は、プレミアム会員限定です。
会員登録をすると読むことができます。

プレミアム会員登録

ログイン

まだアカウントをお持ちでない方

Housing Tribune Online プレミアム会員に登録すると、次世代の住生活産業を拓く充実のコンテンツが使い放題になります。

  • 1 新しい日常に羅針盤を与える様々な特集記事が読み放題
  • 2 さらに一歩踏み込んだニュース解説やインタビューも
  • 3 知っておくべき重要ニュースを詳しい解説付きで毎週配信
  • 4 記事では伝えきれない情報をオリジナル動画でお伝え
  • 5 住宅産業をとことん深掘りする電子書籍も読める
  • 6 住に関わる幅広いテーマを扱うオフラインセミナーを開催
プレミアム会員について詳しく

関連記事