【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

脈々と続く“田園都市”の系譜

トヨタホームなど5者は首都圏郊外でのスマートタウン「ブリッジライフプラットフォーム構想」を発表 新一万円紙幣の肖像画となり、NHKの大河ドラマ「青天を衝け」が放映されるなど注目を集める渋沢栄一氏。渋沢氏は、英・ハワード氏による「田園都市」を理想に掲げ、「田園都市構想」を実現するため大正7年(1918年)に田園都市株式会社を設立した。目指したのは、職場と生活を切り離し、緑豊かな環境での暮らしだった。…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事