【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2021.7.15

YKK AP、新スマートドアを発売

業界初の顔認証を採用、24年度に採用75%を目指す

電気錠一体型のスマートドアを一新、「新スマートドア」を発売する。顔認証キーを採用、スマートフォンでの解錠を可能とするなど利便性を高め、販売拡大を目指す。


「顔認証キー」は、他人受入率1/100万と高い認証精度を持つ

YKK APは、業界初となる「顔認証キー」を採用する「新スマートドア」を発売する。

同社は、2012年に前モデルとなる電気錠一体型のドア「スマートドア」を発売、後付けではなく、電気錠の機能をドアハンドルに一体化した「スマートコントロールキー」を標準搭載することで、コストダウン、デザイン性を高めた。その採用比率は発売当初の21%から年を追って高まり、2021年5月時点で68%と7割弱に達している。

今回発売する「新スマートドア」は、このモデルを大幅にアップデートしたものだ。まず挙げられるのが、「顔認証キー」を業界で初めて採用したこと。これまで「ピタットキー(ICタグキー)」と「ポケットキー(リモコンキー)」の二種であったが、新たに3種から選べるようになった。同社の調査によると、「玄関ドアの施解錠の機能として魅力に感じること」として65.7%がモノを使わない「生体認証」をあげ、なかでも最も高かったのが「顔認証」であり、こうしたニーズに応えた。

認証精度の高い3Dタイプを採用し、他人受入率(他人を本人と誤って受け入れる確率)は1/100万と、2Dタイプの1/1000と比べて非常に高い認証精度を持つ。赤外線LEDで夜間でも認証可能だ。最大20人まで登録可能で、マスクや大きな帽子をつけたままでは登録ができない。非接触のハンズフリー施解錠が可能になり、利便性を大きく高めた。さらに、今後、自動開閉スライディングドアと組み合わせてのバリアフリー対応や、在宅医療・介護における来訪者管理など、さまざまな拡大利用の可能性が考えられる。

もう一つ大きく変わった点は、3種のキー共通の機能として、スマートフォンを鍵として利用できるようになったこと。専用アプリでスマートフォンを登録、アプリを起動した状態であれば、スマートフォンを取り出さなくても解錠できる。

断熱玄関ドア「ヴェナート D30」、高断熱玄関ドア「イノベスト D70」「同D50」、断熱スライディングドア「コンコード D50」、「ドアリモ 玄関ドア D30」などに搭載予定で、「ヴェナート D30」を先行発売、順次他シリーズに展開していく。

参考価格は「ヴェナート D30(F03Nデザイン)」で「顔認証キー」が45万円、「ポケットキー」が37万円。2021年度の販売目標は133億円(新スマートドアすべて)と、2020年度の「スマートドア」の110億円の20%増を目指す。スマートコントロールキーの採用比率を21年度に70%、24年度に75%と、大半をスマート化したい考えだ。

関連記事