2020.10.15

大和ハウス工業、一棟リノベのブランド展開拡大 

ストック事業の推進に拍車

大和ハウス工業は、賃貸マンションや社宅などを区分所有型にリノベーションした分譲マンション「リブネスモア」の展開を広げている。埼玉県戸田市に3棟目が完成。ストック事業の推進に拍車をかけたい考えだ。


リノベーション前後のエントランス

同社は昨年から「リブネスモア」ブランドを展開。既に大阪府茨木市と奈良県生駒市では社宅を改修して建物を分譲マンションとして売り出している。賃貸マンションでのリブネスモアの展開は今回が初めて。建物は地上9階建て、総戸数46戸。今回リノベーションしたのは共有部と40戸の専有部。もともとは賃貸住宅のため入居者もおり、現状、一棟まるごとのリノベーションには至っていない。「今の入居者が退去されたタイミングで改修工事を行っていく」(東京本店統括マンション事業部不動産ストック事業部佐藤悦久係長)。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

ご登録により記事全文が閲覧可能になるほか、今後は会員様向けサービスなどもご用意していく予定です。是非この機会にご登録をお願いいたします。
よくあるご質問(FAQ)Housing Tribune Online無料会員について


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.608(2020年20号)

特集:

データ連携で業務改革

木造住宅の分野で、住宅データを連携させ、構造図作成、プレカット図作成、さらに構造計算、積算・見積といった業務効率を格段に高めるソリューション提案が活発化している。住宅業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)ともいえる波は、ビルダー、建材流通事業者、プレカット工場など、多岐にわたる関係者にどのような影響をもたらすのか。単に生産性向上にとどまらず、新たな価値の創出、競争力強化といった効果も期待できそうだ。

目次を見る