【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

健康住宅の新提案 “スリープテック”に注目度高まる

AI・IoTで睡眠の質向上

AIやIoTといったデジタルテクノロジーを活用し睡眠の質を向上させる「スリープテック」が、にわかに活気付いている。通信事業者や住宅設備機器メーカーがスリープテックを取り入れた新たな商品・サービスの提案を次々と開始しており、健康に関連した住宅の新たな付加価値になる可能性がある。 言うまでもなく、睡眠は健康や日中のパフォーマンスに影響を与え、非常に重要なものである。しかし、2017年のユーキャン新語・…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事