国産材活用の連携の意味


「直径〇の〇mの丸太を、年間〇本用意できる?」「用意はできる。しかし、山で探さなくてはならず、月に何本と言われても困る。逆に年間だと、誰がどこにストックしておくかが問題」「では〇mなら?」…ある国産材活用を推進する川上〜川下のネットワークの集まりに参加した。川下の要望が川中、川上にダイレクト伝わり、実現するための課題、そしてその解決策が検討されている。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

関連記事